現在の出会い傾向

出会い系サイトが誕生してからもう15年くらいになります。
その頃に比べるとずいぶん傾向が変わっています。
晩婚化が進み、利用者の平均年齢が上がっています。

特に30代の方の利用が増えています。
それは平均年収が下がり、お見合いセンターは敷居が高いというせいもあるでしょう。
お見合いセンターから出会い系に流れてきている感じです。

20代の方は減っているわけではありません。
増加率はやはり30代の方が多いのです。
全体的には利用者が増えているといっていいでしょう。

増えていると要因として犯罪率の低下です。
出会い系で年齢認証が必須になったことによって未成年の登録が激減しました。その代わりミクシィやグリーなどので未成年が出会い系で事件に巻き込まれるとか、援助交際をするいったケースが増えました。

現在では性犯罪などの事件はグリーなどのソーシャル系の方が多いです。
それによって出会い系の利用者が増えたのです。
20代の方は、結婚を意識していない人が多く、出会い系はうってつけです。

ただ、出会い系による事件がなくなったわけじゃありません。
架空の出会い系を使って高額な料金を請求されたり、未成年が犯罪に巻き込まれるケースがあります。
それを防ぐためにもスパムメールなどで誘導してくる出会い系は登録しないことです。


Comments are closed.