報道でいう交流サイトとは?

最近はネットが絡んだ事件が増えていますね。
特に、殺人事件や、ストーカー被害が多くて学生が被害に合っています。
中には大人同士というのもありますけどね。

つい最近だと、まじめだと思っていた高校生が殺されて被害者がなんと40代の男だった。
しかし、片方が九州でもう片方が静岡。
どうみても距離がある。

どうやって知り合ったかというとインターネットで知りあったという。
出会い系なら出会い系といいます。
交流サイトで知り合ったという場合、その交流サイトは出会い系なのか?

それはノーです。
交流サイトだと考えられるのはやはり、フェイスブック。
しかし、見ず知らずの場合は、フェイスブックの線は弱いです。
昔の知り合いとかの場合は十分ありえます。

次の考えられるは、グリーとかアメーバですね。
ぶっちゃけその2つは出会えます。
オフ会をやれば、普通に出会えますがやはり事件や詐欺のリスクが伴いますね

他には、LINEもそうですね。
LINEは、メッセージにやり取りをするだけに見えますがゲームとか掲示板経由でナンパするというのが少なくないのです。未成年が被害に遭って問題になっています。

最近では規制を掛けてはいますけどね。
なので被害者が未成年の場合は、LINE経由の可能性が高いです。
交流サイトといってもいろいろあるので一例を挙げただけです。


Comments are closed.