交流サイトでの被害半年で598人

NEWSによると交流サイトの利用をきっかけにわいせつなどの性犯罪に巻き込まれた人数は、半年で598人に達したそうです。
あくまで警視庁の調査ですので実際はもっと多いと思います。
被害のほとんどは携帯電話経由。

それはそうですね。
携帯といってもスマホの割合はその中でも大きいでしょう。

グリーやミクシィ、モバゲーは、利用者が減っているので被害は減っていると考えるべきです。
しかし、昨今ラインの台頭によってLINE掲示板、ゲームなどで交流ができてしまうのです。
そこが問題です。

携帯にはフィルタリング機能がありますがその設定をしているのは5%にとどまっています。
それが増えている原因のひとつですね。
なお、出会い系サイトによる被害はわずか73人。

出会い系の場合は年齢制限がありますからね。
そういう点で被害が小さくなるのです。
しかし、実際は被害に遭われている方は、出会い目的で登録ではなく、友達目的、情報交換とあります。

その情報交換が盲点かもしれません。
情報交換をネタにアポを取ってたくみにホテルへ連れ込む。
やはりフィルタリングは重要ですね。

それをすれば被害は半分以下に抑えられると思いますが・・・
でも悪い人ってのは色んな手口を考えます。
やはりいたちごっこですね。


Comments are closed.