変わって来ている出会い系の悪質手口

近年出会い系サイトは、悪質な手口が変わって来てます。
他の記事でも挙げましたが、女性の被害者が増えていること。
被害が高額になっているということです。

金額はだいたい数万単位でしたが、現在は数十万はざら
中には何百万もだまし取られる方もいるくらいです。
それだけ手口が変わって来ているからなんですね。

昔は、ほとんどが男性が被害者でサクラにメール送信料金を使ってしまい、気がつくと数万円分もポイントを使ってしまったという手口でした。
今でもその手口は存在します。
出会い系を使って騙されたのが恥ずかしいということで泣き寝入りのケースが多いようです。

しかし、近年は手口が違います。
金額も大きいです。
その手口としては、サクラの会員から「お金を払うので話し相手になってほしい」「高額の現金が手に入る仕事を紹介する」などいって手数料や仲介料を取る。

結局その相手と出会えることはない。
これはもはや出会い系と言えないですね。
実は自分の携帯にもそういうメールは来ます。

男性とチャットで話すだけでお金を稼げるという広告メールが入ります。
そういう業者は不特定多数の人に送付しているんですよね。
これは出会い目的というより、お金が欲しいという方が被害に遭いやすいみたいです。

この間あったAKBを騙った手口も
金あげるから愚痴を聞いてほしいという手口です。
現在、一斉摘発に乗り出しているみたいですがいたちごっこでしょうね。


Comments are closed.